スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくり時計 東京都中央区人形町

  • 2009/11/05(木) 08:26:21

からくり時計 新たなシンボル動きだす


中央区の人形町商店街が作った2基のからくり時計「人形町からくり櫓(ろ)」が7日から動きだす。

同商店街が街路のリニューアルに合わせ、新たなシンボルにしようと制作した。

9~11日には人形市も開催されるため、同商店街協同組合は「歩きやすくなった街に来てもらい、からくり時計も見てほしい」と来場を呼び掛けている。 (小林由比)

 からくり時計は高さ約八メートルで、それぞれ江戸落語と町火消しがテーマ。

毎日正午から午後七時まで、一時間おきに音楽などとともに人形が出てきてショーを繰り広げる。

 落語がテーマの塔は、はなし家と江戸の町人の人形が登場。

立川談幸さんによる創作ばなしが流れる。

町火消しのタイプは、木やりが流れ、地元の「は組」の衣装を着た人形がはしご乗りなどを披露する。

同組合の南谷康夫副理事長は「江戸情緒あふれる人形町らしいシンボルタワーになった」と喜ぶ。

 商店街では七日午前十一時から、リニューアル完成記念のパレードをして、からくり時計も動かし始める。

人形市では、和洋の人形販売や、人形作家辻村寿三郎さんの人形劇公演(九日午後三時と同五時、東京穀物商品取引所)などがある。

問い合わせは同組合事務局=(電)03(3666)9064=へ。

東京新聞(こちらで写真も見れます!)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20091105/
CK2009110502000058.html




日本からくり研究会会長 橋本銕也


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。