スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくり歴史1700年代

  • 2009/11/27(金) 19:18:17

―からくり 歴史年表―
         1700年代




geic02.gif宝永2年 1705
竹田出雲と近松門左衛門の合作人形浄瑠璃「用明天皇職人鑑」にからくり仕掛け。


geic02.gif宝永4年 1707
竹田近江(出雲)、名古屋三条小鍛冶車の山車からくり人形を製作。

●正徳2年 1712
寺島良安がわが国最初の百科事典「和漢三才図会」を刊行。


geic02.gif正徳4年 1714
竹田出雲が虎の作り物から風の出るからくり(扇風機)を作る。

●亨保5年 1720
徳川吉宗、洋書輸入の禁を緩める。


geic02.gif亨保15年 1730
多賀谷環中仙が竹田からくり芝居の図解本「磯訓蒙鑑草」を刊行。

geic02.gif亨保18年 1733
山本飛騨掾、名古屋東照宮の山車からくり、林和靖車を製作。


●宝暦7年 1757
田村元雄、平賀源内らが江戸湯島で物産会を催し、全国から出品物を集める。

geic02.gif宝暦13年 1763
名古屋東照宮の祭りに指南車が出る。


●安永3年 1774
前野良沢、杉田玄白、中川淳庵らが「ターヘル・アナトミア」を訳読し、「解体新書」を出版する。

●安永5年 1776
平賀源内、エレキテルの修復に成功する。


●安永9年 1780
大阪で胎内十ヶ月のからくり見世物興行。

●天明元年 1781
この頃、大阪の油屋吉左衛門や小林某らが顕微鏡を作ったとされる。


●天明7年 1787
森島中良が顕微鏡や気球、エレキテルなどを記述した「紅毛雑話」を刊行。

●寛政7年 1795
高橋至時、間重富ら、寛政改暦のため江戸天文方に出仕。


●寛政9年 1797
寛政の改暦が行われる。




1800年代へ続きます









  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。