スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2015/03/22(日) 12:37:44




日本からくり研究会、

新サイトが完成しました!

こちらです!

 ↓  ↓

「 日本からくり研究会 タイヘイ 公式ホームページ 」




体調を崩し
更新などが途絶えてしまっておりました。
大変申し訳ございませんでした。
何卒よろしくお願い申し上げます。

こちらのブログは更新終了しています。
新サイトをご覧くださいますよう
お願い申し上げます。






スポンサーサイト

『開運!なんでも鑑定団』、再放送します

  • 2011/02/14(月) 00:21:41

大変ご無沙汰しておりました、からくり3号です! 

m(_ _)m

本日は、橋本先生が出演された鑑定団の再放送のご案内です。

logo.gif


◆チャンネル:衛星放送BSジャパン
◆放送時間:2/17(木) 20:00~21:00

お楽しみに




 

アウトサイダーアートをご存知ですか?

  • 2010/06/12(土) 00:20:59

大変ご無沙汰しておりました(汗)。
からくり3号です。

先日、橋本さんが「児童デイサービス」という施設に遊びに行ってきました。

オープンしたばかりで、管理者の方と仲良しなのでお祝いに顔を出したとの事。

児童デイサービスというと思い出すのは「アウトサイダーアート」でした。

障害をお持ちのお子さんや、高齢者さん、などのアート作品です。

何ヶ月か前にも世界的な大きな展示会がありました。

施設を訪れた感想は
お子様たちのピュアな笑顔に出会え、話もはずんだそうです

施設の方のお話によると絵なども遊びの一つとして少しづつ取り入れていくそうで、
また遊びに行く楽しみが増えたとのことでした(^-^)



からくり人形が映画になる

  • 2010/01/30(土) 22:40:09

 マーティン・スコセッシ監督、ベストセラー児童書を映画化へ 


[シネマトゥデイ映画ニュース] 

マーティン・スコセッシ監督が、ブライアン・セルズニックのベストセラー児童書「ユゴーの不思議な発明」の映画化作品を製作することになった。

この児童書は2007年に多くの図書賞を受賞した白黒の作品で、1930年代のパリを舞台にしたもの。

パリの鉄道駅で暮らす12歳の孤児の少年が、父親が残したからくり人形を直すうちに、ある秘密が明らかになっていく物語。

 セルズニック氏は、ハリウッドの名作『風と共に去りぬ』を手がけたプロデューサー、デヴィッド・O・セルズニック氏の遠縁にあたる人物で、本作も白黒のサイレント映画のような味わいを持っている。

セルズニック氏はガーディアン紙に対し、「スコセッシ監督が私の物語をどのように映画化するのか、とてもスリリングに感じる」と語っている。





鑑定団、放送されました★

  • 2010/01/24(日) 17:16:34

こんにちは、からくり3号です(^-^)

先週の何でも鑑定団、御覧頂けましたでしょうか★

橋本会長、出演しました。

私は、収録には同行できませんでしたので、
放送日までドキドキ・ワクワクして待っておりました。

司会の島田紳助さんが、とっても気を使ってくださっているのが
すごく伝わってきて、とても感動しました。。。

いい方だな~!

お宝も、ちゃんと火がつくか、テレビを見ながらドキドキしました。

良かったです。





  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。